logo
Home

Http www.kanazawa-net.ne.jp pmansato software_main.htm

NET Framework を使わなければなりませんが、その SDK "Software Development Kit" は Cのコンパイラを含めて無料で公開されています。SDK の 年初頭の最新バージョンは 4. NET Framework が出るまでは Borland が Windows アプリケーション開発ツールのなかで最強と考えていましたが、最近の Borland は終わったなという感じです。おすすめしません。キッパリと! Borland の経営者が変わったことと、ツールのもっとも重要な開発者が Micros. 0 です。したがって、. NET アプリケーションは. SharpDevelop まず、SharDevelop について説明します。 これは、フリーウエアの開発ツールで、C および VB. 私が公開している. Visual http www.kanazawa-net.ne.jp pmansato software_main.htm Studio のフォームデザイナに相当する機能には不満があります。ビジュアルなデザイン環境とはいえません。そのかわりに、Microsoft はビジュアルなツールを提供しています。ただし、有料です。 入手先は明示しませんが、"expression blend" で検索すればドッサリと出てきます。 私は体験版を試しましたが、すごく便利という感じではありませんでした。新しいツールの使い方を覚えるのが面倒ということもありますが、高価なツールを使う気になりません。.

exe を実行すると、WPF アプリケーションにドッキングし、その論理ツリーとビジュアルツリーとを表示します。下図は、Snoop の画面ですが、望遠鏡のツールボタンをクリックすると、その下にある図のような画面を表示します。終了する時は、X 印の中止ボタンがポップアップしますので、それをクリックします。 以下は、フォームの Grid 要素の中に ComboBox コントロールだけを配置した WPFアプリケーションを対象として、そのビジュアルツリーを表示したものです。 左のペインを簡単に説明すると、ツリー構造の階層の番号が見えます。15 は Application オブジェクト、14 は Window オブジェクトですね。先に述べたように、フォームに ComboBox コントロールを配置し. Visual pmansato C(Visual Studio) 2. software_main.htm NET Framework に関係するソフトウエアを紹介します。フリーウエアとシェアウエアとがありますが、見るだけならタダです。. See full list on kanazawa-net. Net Framework に付属するツールです。Visual Studio では以下のフォルダ内にあります。 ところが、Visual Studio には XamlPad が含まれていません。どうしてでしょうか → Microsoft ご心配なく! Microsoft が用意しなくてももっとよいツールがあります。次の Kaxaml をご覧ください。. NET に対応していて、次のサイトからダウンロードできます。 net/opensource/sd/ "Download" のページに入って必要なファイルをダウンロードしてください。ソースコードは SharpDevelop そのものの C によるソースコードです。つまり、開発ツール自体のソースコードが手に入ります。パワーさえあれば、自分で専用の開発ツールを作ることもできるというわけです。 http www.kanazawa-net.ne.jp pmansato software_main.htm オリジナル版のメニューの表示などは英語のままですが、開発環境の内部でカルチャを選択することで、日本語を完璧に使えます(日本人が開発に協力しているようです)。 www.kanazawa-net.ne.jp IDE の構成は Visual Studio と基本的に同じですが、同じであることに違和感も覚えます。Visual Studio の IDE がそんなにいいということなんでしょうか。 SharpDevelop は無料でテストできますから、評価はご自分でしてください。 次に、Borland C です。. Windows Expression Blend.

Borland C(Developer Studio) 3. http NET アプリケーション開発に必要なもののうち、自前で用意しなければならないものは何もありません(ただし、IDE がないとフォームを作るのはかなり面倒ですが)。 さて、C 対応の総合開発ツールとして、私がテストしたものは次の 3 つです。 1. "snoop" http www.kanazawa-net.ne.jp pmansato software_main.htm は「詮索する」とか「探る」という意味ですが、WPF アプリケーションのビジュアルツリーを表示するツールです。以下のサイトからダウンロードできます。 us/Snoop/ 使い方を簡単に説明しておきましょう。 WPF アプリケーションを起動したあと、Snoop.